日本語
仲間募集(ALPACAREERS)
ヘルプセンター
Lesson 1 - アルパカファイナンスの面白い使用例-ショートで利益を出す
若いアルパカの皆さん、ようこそ、アルパカ・アカデミーへ。
ここでは、私たちシニアアルパカが、DeFiの概念、特にアルパカファイナンスに適用される概念についてお教えします。そのため、今日は私たちのプロトコルを使って可能な限り高い利益を上げ、他ではできない方法でポジションをカスタマイズするための一連のレッスンの第1回目となります。
少し長くなるかもしれませんが、初心者の方だけでなく、上級者の方にも役立つ重要な原則を説明しますので、読む価値があることをお約束します。
レバレッジ・イールドファーミングを開始したことで、私たちが納屋の中でずっと考えてきたことを、皆さんにお話しすることができます。
つまり、シンプルな方法(ショートやヘッジなど)で資産のエクスポージャーをカスタマイズする戦略を立てることができ、アルパカファイナンスは、利回りを得ながら様々な方法でこれを行うことができるDeFiで唯一のプラットフォームなのです
🐤このアルパカアカデミーの記事を要約して和訳し、図解を交えた日本語の記事を参考にご覧ください⇒Alpaca Academy~増えるレバレッジペアの研究

ショート

ロングは初心者トレーダーを含めて誰もが理解しやすい方法で、ある資産を保有し、価格が上がれば利益を得て、価格が下がれば自己資金を失うことになります。その反対が「ショート」です。
ショートとは、先に高い時に資産を売り、価格が下がったときに利益を得ることを目的としています。要するに、ある資産の価格が下がると思ったら、その資産を借りて売り、価格が下がって安くなったところで買い戻して借り入れを返済しようと考えるのです。これは、一般的な取引でよく言われる「安く買って高く売る」ことと同じですが、順序が逆なだけで、同じように利益を得ることができます。
(ショートの詳細はこちら: https://www.investopedia.com/terms/s/shortselling.asp
ショートは、トレーダーや投機家の間では一般的な手法です。しかし、DeFiや暗号全般では、ショートの選択肢は限られており、コストもかかります。
デリバティブ取引所で証拠金によるショートを行うことはできますが、ショートを保有している間、思いどおりに価格が下がらなければ、ショートしている資産の借り入れ利子を支払うことになり、お金を失ってしまいます。
しかし、アルパカでは、私たちから借りれば、借り入れ金利で損をしないだけでなく、利回りを得ることができるのです。なぜでしょうか? それは、保有している資産をファーミングに活用しているからです。利回りが借り入れ金利を大きく上回ることがほとんどです。
実際、2倍以上のレバレッジをかけてファーミングを行うために資産を借りた場合、借りた資産の一部はショートしていることになります。
その仕組みは次のとおりです。レバレッジをかけたポジションを建てると、プロトコルから資産を借りていることになり、ポジションをクローズするときに返済しなければなりません(例:BNB/BUSD/ETH)。LPプールでは、ペアとなる資産(ETH-BNB、BNB-BUSDなど)を50:50の比率でバランスさせているため、選択したレバレッジレベルが2倍を超えると、LPポジションに投入できる金額よりも多くの資産を借りていることになります。これは、どの資産または資産の組み合わせを元本として追加するかにかかわらず、同様です。
そうなると、プロトコルは、あなたが何を預けたかに関わらず、50:50の比率でLPトークンを作成するために、その借りた資産の一部をもう一方のペアの資産に交換する必要があります。以下に簡単な例を示します。
(注:以下の例の価格は、記事執筆時の資産価格であり、現在の価格を反映していない可能性があります。)

ショートの例(要約版)

  1. 1.
    ETH-BNBをファーミングしたいので、1BNBの元本を追加します。
  2. 2.
    3倍のレバレッジを選択したので、2BNBを借ります。
  3. 3.
    これで3BNBを保有することになりますが、LPポジションを作るために、プロトコルはその50%をETHに交換する必要があります。そこで、プロトコルは1.5BNB(0.5 * 3 BNB)を売却し、ETHに交換します。これで、1.5BNBと1.5BNB分のETHを手に入れたことになり、50:50の比率でLPポジションを作ることができます。
  4. 4.
    しばらくしてポジションをクローズすると、1.5BNBしか持っていないにもかかわらず、プロトコルに2BNBの借りがあることになります。そのため、プロトコルはあなたのETHを使って0.5BNBを購入しなければならず、合計2BNBをプロトコルに支払うことになります。
要約すると、あなたはポジションをオープンするときに借りたBNBを売ることから始め、ポジションをクローズするときに同じ量のBNBを買い戻さなければなりません。売って、買って......というのは、どこかで聞いたことがありますか?
そうです!それがショートです。
もし、ポジションをオープンした後(BNBを売った時)にBNBの価格が下がったとしたら、それはBNBを安い価格で買い戻したことを意味します、つまり、高く売って安く買ったということです。つまり、あなたはこのショートで利益を得たことになります。
そして、BNBのショートの大きさは、ステップ4で買った量、この場合は0.5BNBです。
もう少し同じ例を詳しく見てみましょう、先ほどとの唯一の違いは、元本としてBNBの代わりにETHを加えたことで、2倍以上のレバレッジをかけても結果に違いがないことを示しています。

ショートの例(フルバージョン)

  1. 1.
    ETH-BNBプールにレバレッジをかけたいので、ETHを0.166個、BNBを約1個入金して、ポジションを持ちます。
  2. 2.
    希望するレバレッジを3倍に設定します。
  3. 3.
    「Approve」をクリックしてポジションを建てると、プロトコルがETHの元本の2倍に相当する2BNB(上の画像の下部にある「Assets Borrowed」)を貸してくれます。このようにして、あなたのポジションは、預け入れた金額の3倍になります(1単位(ETH元本)+2単位(BNBのETH元本の2倍)=3単位、つまり3倍です。これがレバレッジレベルの意味です)
  4. 4.
    ETH-BNBプールをファームするために、自分のトークンをLPトークンに変換するためには、50:50の比率で追加する必要があります。したがって、あなたはETHよりもBNBを多く持っているので、プロトコルはそれを達成するために借りたBNBの一部を売ります。先の凝縮された例のように、あなたのポジションは合計3BNBトークンの価値があり、そのうち1.5はBNBのまま、1.5はETHのままにする必要があります。現時点では、あなたが2BNBを保有しているので、イーブンの比率にするためにプロトコルが0.5BNBを売ります(ショートを建てるときの売りの部分です)。
この時点で、プロトコルはあなたのLPトークンを作成し、プールに追加します。おめでとうございます! これであなたはレバレッジファーミングを実践していることになり、ペアの資産(ここではETH)に売却されたBNBのショートポジションを持っていることになります。
それでは、ポジションの詳細を見てみましょう。そのほとんどは、ポートフォリオ(Portfolio)ページのあなたのポジション(Your Positions)ダッシュボードで確認できます。
  • 前述の通り、あなたのポジションの価値は合計で~3BNBです。
  • 負債の額は~2BNBで、これはあなたが借りた資金の価値です。
  • 自己資金の価値は1BNBで、これはあなたが預けたETHの価値です。
  • 現在のAPYは、借入金利を差し引いた後の、レバレッジド・ファームのポジションが得ている純APYです。
  • Debt Ratio(負債比率)は、自己資本に対してどれだけの負債を抱えているかを表します。この例では、自己資本の2倍を借りているので、負債比率は2/3(~66.7%)となります。
  • Liquidation Factor(現在はLiquidation Thresholdと改称)とは、ポジションの清算が可能になるために負債比率が到達しなければならない水準のことです。
  • Safety Bufferとは、清算までにどれだけの安全な余地を確保できるかを表します。Liquidation Thresholdから負債比率を引いたものです。
さて、ETHとBNBに対する現在の資産エクスポージャー(言い換えれば、これらの資産に対してどれだけロングかショートか)も調べてみましょう。
  • あなたのポジションは、ETHとBNBの半分ずつで構成されています。したがって、その半分の価値を理解するために、いつでもあなたのPosition Valueを取ることができます。ここで、あなたのポジションの価値は~3BNBなので、あなたは1.5BNBと同額の1.5BNBに相当するETHを保有していることになります(入金したのは~0.249ETHです)。
  • BNBと違ってETHを返済する必要がないので、この0.166ETH分をロングにしています。そのため、ETHの値動きが自分の株式価値に直接影響することになります。実際、このようなロング・エクスポージャーは、レバレッジをかけずに他の場所でファーミングをするときにもあるもので、他のロング・エクスポージャーと同様に、ETHの価値が上昇すれば、自分のETHの価値も上昇し、利益を得ることができます。ETHの価値が下がると、あなたはお金を失います。ポジションをクローズすると、お客様はその時のETHの価値を受け取ることができます。クローズした時のETHの価格が、ポジションをオープンした時のETHの価格よりも高ければ、このETHをロングして利益を得たことになります。
  • 残りの半分のLPポジションでは、1.5BNBを保有しています。しかし、2BNBの負債があるので、1.5BNBのロングではありません。ポジションを建てるときに2BNBを借りて、ポジションをクローズするときにはそれを返さなければならないことを覚えておいてください。それなのに、あなたは1.5BNBしか持っていないのですから、BNBのエクスポージャーはどうなるのでしょうか?前に説明したように、それはBNBをショートしていることを意味しています。
  • この1.5BNBは、BNBの価格が上がっても下がっても、BNBで返済することになるので、ロングエクスポージャーではありません。その1.5BNBへのエクスポージャーはニュートラルです。しかし、あなたが借りている0.5BNBは話が違います。あなたがそれを借りて、プロトコルがそれをETHに変換して、等しい比率でLPポジションを持てるようにしたとき、あなたは事実上0.5BNBを売ったことになり、ポジションをクローズするときにそれを返すために買い戻さなければなりません。したがって、ポジションを持っている間、あなたは0.5BNBをショートしていることになります。このように、BNBの価格の動きは、ETHの価格がETHのロングに影響を与えるのとは逆の方法であなたに影響を与えます。もし、クローズしたときのBNBの価格が、ポジションをオープンしたときのBNBの価格よりも高ければ、このBNBをショートすると損をします。それは、ショートでは、価格が下がることに賭けているからです! 繰り返しになりますが、クローズして借り入れを返済するときは、価格が安いほうがいいですよね。そうすれば、最初に借りたときよりも返済にかかる費用が少なくて済み、その差額を利益としてポケットに入れることができるからです。
まとめると、ETH-BNBポジションのトータルエクスポージャーは以下の通りです。
  • ロング 0.249 ETH(1.5 BNB分)
  • ショート 0.5BNB
次に、レバレッジをかけずに、同じPosition Valueの3BNBを入金した場合のETH-BNBポジションのトータルエクスポージャーと比較してみましょう(つまり、.249ETHと1.5BNBを1倍で入金したことになります)。
  • ロング 0.249 ETH(1.5BNB分)
  • ロング 1.5BNB
上記の例では、エクスポージャーの違いに注目してください。ポジションの値は同じですが、BNBをロングにするのではなく、レバレッジをかけたポジションのためにローンを組んだのでショートになっています。
今まで知らなかった人も、これでショートの仕方がわかりましたね。若いアルパカさん、自分を褒めてあげてください。なぜなら、ショートはあなたが利益を得るための多くの新しい可能性を開くからです。
皆さんもご覧になったことがあると思いますが、価格は上がったり下がったりします。しかし、ロングだけでは、価格が上がったときにしか利益を得ることができませんでした。ショートなら、価格が下がることに賭けて利益を得ることができます
このように、アルパカでは、他のプラットフォームとは異なり、ファーミングされた資産をロングすることだけを強制されることはありません。上の例でBNBに弱気になっている人は、BNBのロングではなくショートにしたいと思いませんか?
思い出してみてください。ファーミングや流動性の提供をしていて、利回りは良かったのに、自分のポジションの資産価値が値下がりしてしまい、最終的に損失を出してしまった経験はありませんか? アルパカがあれば、もうそんな思いをする必要はありません。
選択肢があることがショートの力です! そしてそれは、あらゆる市場環境であなたに力を与えてくれます。例えば、市場が弱気になったらどうなるかを考えてみましょう(市場は弱気と強気のサイクルを繰り返すので、これは避けられませんが、私たちアルパカは楽観的です!)。弱気な市場になると、他のプラットフォームで流動性マイニングをしても、ファームの資産がどんどん値下がりしてしまうので、収益を上げることが難しくなりますよね。しかし、アルパカではそのようなことはありません。アルパカでは、ファーミングを続けながら、代わりにショートをすることができます。弱気な市場に押しつぶされるのではなく、弱気な市場に賭けるのです。つまり、春夏だけでなく、四季を通じてファーミングができるようになります。
2018年~2020年にあったら良かったと思いませんか? 私たちはそう思います。😆
疑問に思うこともあるかもしれません。
でも、それが可能なのはBNBとETHだけじゃないの?結局、ペッグされていない資産を借りられるのはそれらだけなのでは?
今はそうかもしれませんが、BTCBやALPACAなど今後も預け入れできる資産を追加していく予定です。(2021年8月現在、預け入れ/貸し出し可能資産は7つに増えました)これらのすべてをショートできるようになりますよ。将来的には、ガバナンスが実現すれば、ユーザーが投票して預け入れできる資産を増やすこともできるようになるでしょう。
もうひとつ、皆さんが気づいていない面白いことがあります。それは、BUSDを借りている時は、法定通貨のインフレで利益を得るためにショートしているということです。
なぜ多くの人が暗号に対して強気なのでしょうか? 実際にはさまざまな理由がありますが、機関投資家の間でも、大きな理由のひとつは、彼らが実際には法定通貨に弱気になっているからではないでしょうか?
さて、もし彼らが自分の信念と資本を一致させるとしたら、法定通貨をショートして利益を得ようとするのではないでしょうか?アルパカを使えば、それが簡単にできるのです。
わかった、アルパカのプラットフォームでショートができる。それがどうした? 私はずっとやってきた。ショートは新しいことじゃないよ。デリバティブ取引所で証拠金を使ってショートすることもできるし、レンディング・プラットフォームで一部の資産にローンを組んでショートすることもできる。それを使えばいいじゃないか。
なるほど、あなたは本当にマーケットのことがわかっているのですね。しかし、それらのプラットフォームを使ってショートすると、お金がかかるのではないでしょうか?
つまり、市場にある他のオプションを使ったショートは、常に損失から始まるのです。
デリバティブ市場で証拠金付きのショートを建てた場合、その間はずっと借り入れ手数料を支払うことになります。これを避けることはできません。このようなショートはお金がかかりますし、安くはありません。そのコストをカバーできるほど価格が下がることに賭けるしかありません。しかし、私たちのプロトコルでは、同じ賭けをして利益を得ることができるのです。なぜなら、ショートをしている間、金利を借りるために資金を流出させるのではなく、報酬として利回りを集めることができるからです。つまり、アルパカのショートは、常に利益からスタートすることになります。
アルパカファイナンスは、複数の資産をシンプルにショートして利回りを得ることができる唯一の場所だからです。
それは、BNB Chainだけでなく...
DeFiに限らず...
暗号資産だけではありません...
さらには、伝統的な金融のすべてにおいてもです!
(注: 利回りを稼ぎながらショートするのに最も近いトレード方法は、BTCなどの原資産であるスポット資産をロングし、先物などのデリバティブでBTCのショートポジションを取り、ニュートラルなヘッジを行うことです。そこから、他のトレーダーの多くがロングポジションを取っている場合には、ショートでファンディングレートを集めようとします。しかし、この設定は特定の市場条件を必要とし、ファンディングレートがいつでも反転するので安定しておらず、ファーミングに比べてAPYが非常に小さく、設定は全く簡単ではありません。)
アルパカでは、ショートがレバレッジ・ファーミングと一体となり、AMMとしての役割を果たすことで手数料を得ているため、ショートに伴う借入金利をカバーするだけでなく、大きな利回りを上乗せすることができるのです。
しかし、アルパカファイナンスのユニークな戦略的価値はそれだけではありません。DeFi内のもう一つの競争相手であるレンディングプロトコルを調べることで、さらなる優位性を見出すことができます。
DeFiのレンディングプロトコルの中には、担保を預けて資産を借りられるものがあります。借りた資産を受け取った時に売却すれば、事実上のショートが可能になります。しかし、これらには借り入れ金利がかかることが多く、たとえその金利が0%であったとしても、他のレンディングプロトコルを使ってショートするには膨大なコスト、つまり機会損失が発生します。というのも、市場に出回っている成熟したレンディング・プロトコルはすべて、過担保ローンしか認めていないからです。
これはどういうことでしょうか?つまり、これらのプロトコルに1BNB相当の暗号を預けても、他の資産を1BNB相当与えることはないのです。多くの場合、0.5BNB分となります。つまり、借り入れ金利が0%で、この50%相当の担保でショートし、残りの50%でファームしたとしても、未利用の残り50%の担保は、利益をもたらさずに放置されているのです。
せいぜい、プロトコルによっては、10%以下、あるいは10%前後の非常に低いAPYを提供している場合もあり、ファーミングで稼げるものとはかけ離れています。さて、金融の世界では、得られなかったお金は、失ったお金と同じです。これが過担保ローンに伴う機会費用です。過担保のショートを組んで価格が下がるのを待つのではなく、2倍の元本でファーミングをして2倍の利回りを得ることができたはずです。これは大きな損失です。では、アルパカの場合はどうでしょうか?
アルパカのプラットフォームは、オーバー担保での借り入れを強要しないだけでなく、アンダー担保での借り入れを提供しています。他のオプションのように担保の50%しか提供されないのではなく、いくつかのペアは最大6倍のレバレッジを提供しています、つまり、担保の価値の600%でファーミングを行うことができるのです
その結果、50%の担保しか与えられないレンディングプロトコルと比べて、ショートが大きくなり、ファーミングの元手が12倍になるのです。利回りも12倍になります。
要約すると、アルパカファイナンスは、金融業界の中で、2つの可能な取引方向のうちの1つ(ショート)で簡単に利益を得ることができる唯一のプラットフォームです。
また、アルパカファイナンスは、これほど大きなレバレッジレベルで、しかも担保付きのローンを提供している数少ない金融機関の1つです。
これがアルパカファイナンスの将来にとってどのような意味を持つのか、それはあなたに結論を出していただきたいと思います。😎
私たちシニアアルパカは、この授業が役に立ったことを願っています。しかし、皆さんの中にはショートに興味がない方や、複雑すぎると感じる方もいらっしゃると思います。次のレッスンでは、ショートをニュートラルにしながらハイレバレッジでファームを行う方法と、資産のエクスポージャーをニュートラルにするための一般的な概念である「ヘッジ」についてご紹介したいと思います。
これにより、ロングまたはショートのエクスポージャーを完全に回避したファーミングポジションをオープンすることができ、資産価格の上昇や下落を心配することなく、ファーミングに専念することができるようになります。そして何だと思いますか?ショートで利益を得るのと同じように、ヘッジしながらファーミングを行うことができるのはアルパカだけなのです。
そう、私たちはこの農場をとても誇りに思っています。アルパカの群れに加わったばかりの若い皆さん、最初は少し怖いかもしれませんが、私たちと一緒に頑張りましょう! あっという間にラマよりも強くなれますよ。
(具体的には、資産のエクスポージャーは動的で、AMMが資産のバランスを相対的に調整するため、価格の動きに応じて少しずつ変化します。これについては、次回も取り上げたいと思います)
Copy link
On this page
ショート
ショートの例(要約版)
ショートの例(フルバージョン)