日本語
Search
K
🌊

AF2.0の清算

AF2.0では、担保資産ごとに異なる清算方法を設定できるようになります。まず、ポジションの負債比率(リスク)に応じて2つのレイヤーの清算システムを採用します。2つのレイヤーとは:
レイヤー1:一定の割引率でクローズファクターによる緩やかな買戻し
買い戻し元記事コミュニティメンバーによる日本語記事)は、一般的な清算よりも安価にポジションを決済する方法であり、これまで自動化ヴォールトで有効に活用されてきました。AF2.0では、最初のレイヤーに買戻しを組み込む予定です。
買い戻しにはインセンティブがあり、借り手の担保を何%かの割引で清算人に提供します。この割引は5%から始まり、負債比率が高くなるにつれて10%まで拡大します。
(最終的な割引額の80%は、ALPACAの買い戻しとバーンに使われることにご注意ください。これは、プロトコルの収益の半分までがALPACAトークンのガバナンスに使われ、LYFのポジションをカバーする保険プランのバックストップとして機能するため、下降市場でもプラットフォームが脆弱にならないようにするためです)
また、「Close Factor(クローズ率)」と呼ばれるパラメータによって、清算人が一度の取引で返済できる債務ポジションの割合が決定されます。つまり、健全な状態に戻すためにポジションの一部だけが清算されることになります。これを私たちは「緩やかな清算」、この場合は「緩やかな買い戻し」と呼んでいますが、これは借り手の清算コストを下げるためのプロセスなのです。
買戻しはポジションホルダーにとって最も安価なオプションであるため、清算が可能になった時点でこの買戻しレイヤーが最初に起動することができます。このレイヤーが起動しない場合、バックアップレイヤーを以下に説明します。
レイヤー2:DEXで売る
アカウントの負債比率がより高い負債しきい値を超えた場合(そして買戻し業者が介入していない場合)、負債を返済するために誰でもDEXでポジションの担保を売却し、その収益の一定割合を受け取ることができるバックアップ機能があります。これは、現在の清算方法が現在どのように機能しているかに似ています。これらのレイヤーの正確なパラメータは、今後公表します。
買戻しシミュレーションはこちらでご覧いただけます。