日本語
Search
K

リスク

貸し手の潜在的なリスク

不良債権:

  • リスク:
    • 市場のボラティリティが高いなどの理由により清算が間に合わなかった場合、ポジションから負債が発生するリスクをいいます。
  • 緩和策:
    • 各資産のリスクプロファイルに基づき主要なパラメータを設定することで、慎重なアプローチをとっています。また、清算人が該当するポジションを呼び出して清算するための十分なインセンティブを提供しています。したがって、このようなリスクが発生する可能性は極めて低いと考えています。

資産返還の遅れ:

  • リスク:
    • プールの利用率が高い時、預けた資産の返還が遅れること。借り手は制限なく資金を借りることができ、資金を返さなければならない期間にも定めはありません。
  • 緩和策:
    • 資金利用率が85%になるように最適化するため、ダブルスロープの金利を使用しています。利用率が85%を超えると金利が急上昇するため、より多くの貸し手が資金を預け、借り手が未返済のローンを返す動機付けとなり、プールが85%以下の柔軟な水準にとどまるよう設計しています。

借り手の潜在的なリスク

清算:

  • リスク:
    • 一般的にトークンを借りると、借りた資産の価格が担保に対して上昇した場合、担保が清算されるリスクがあります。リスク調整後の負債額がリスク調整後の担保額に達した時点で、あなたのポジションは清算されます。詳しくは、「Asset-Specific Parameters資産ごとのパラメータ)」をご覧ください。
  • 緩和策:
    • リスク調整後の担保価値に対してゆとりを持った低い金額で借り入れを行い、不安定な市場環境下でポジションを監視し、清算パラメータに達する前に決済することで軽減することができます。

スマートコントラクトのリスク

  • リスク:
    • 当社のスマートコントラクトは第三者企業によって監査されていますが、理論的には脆弱性がある可能性があります。私たちが連携しているAMMのプラットフォームも、スマートコントラクトのリスクを抱え込む可能性があります。
  • 緩和策:
    • スマートコントラクトを複数の専門的な第三者機関によって監査することで、脆弱性の可能性を減らすことができます。監査報告書はこちらでご覧いただけます。
    • また、潜在的な問題を排除するための追加策として、私たちのコードの脆弱性を探すインセンティブを提供するために、バグ発見報奨金プログラムを実施しています。詳しくは、こちらをご覧ください。
    • 私たちは、統合するプラットフォームを慎重に審査し、監査を受け、優れたセキュリティの実績を示したプラットフォームとだけ連携しています。