Alpaca Finance
Search…
日本語
仲間募集(ALPACAREERS)
ヘルプセンター
過去のプロダクト
🗺️ ロードマップ
空は限界(ではない)!
(※2022年8月4日 更新)
以下にアルパカファイナンスのロードマップをご紹介しますが、その前に、2021年のQ4から2022年のQ4までのアルパカファイナンスの高い目標をお伝えします。
  1. 1.
    アルパカファイナンスのユーザーに製品のイノベーションによる高い資本効率を提供し、競合するレバレッジの低いDeFiプロトコルよりも高いリターンを得ることを可能にします。
  2. 2.
    NFTやPlay-to-Earnゲームなど、広範かつ高成長の新しい分野において、高品質で魅力的な製品を構築することで、レバレッジを効かせたイールドファーミングというニッチな分野を超えてユーザー層を拡大し、アルパカブランドとメタバースを発展させます。そして、これらのエンターテイメント製品を金融サービスと統合するための有機的なファネル(行動のモデル)を構築し、現在DeFiの既存企業が開拓していない巨大な市場セグメントを取り込みます。
  3. 3.
    ガバナンスを導入することで、アルパカをさらに分散化させます。プラットフォームの収益の大部分が、長期ALPACAトークン保有者に分配されることを保証するために、適切なインセンティブ・メカニズムを構築します。
  4. 4.
    マルチチェーン化による水平展開により、BSC以外の全く新しいユーザー層を開拓し、ユーザー数と収益を倍増させます。
  5. 5.
    機関投資家や投資ファンドにとって使いやすい仕組みの商品を作ることで、大規模な機関投資家の新しいセグメントへのアクセスを拡大します。
  6. 6.
    以上のような垂直・水平方向の拡大により、アルパカブランドを、BSCのトップDeFiプラットフォームから、クロスチェーンのトップ金融・ニューメディアの総合企業へと成長させます。

Q1 2021:

✔️ ALPACAトークンのフェアローンチ
✔️ BUSDとBNBの単一資産のステーキング
✔️ ALPACA/WBNB PancakeSwap LPのステーキング
✔️ Stronk VaultとsALPACA(先物+債券の要素を持つ実験的合成)
✔️ PeckShieldとCertikによる監査の完了
✔️ 人気のPancakeSwapプールにレバレッジをかけて、新しい自動複利のプールでレバレッジ・イールドファーミングを開始
✔️ トークン価値の拡大-ALPACAを長期的なデフレ状態にするために、買い戻しと焼却(burn)のメカニズムを追加(以下で詳しく説明します)。
✔️ 清算ボットの立ち上げ(集権化や単一障害点を避けるためにサードパーティーの清算も可能にしていますが、より早い自社の清算ボットをもちます)。5%の清算手数料を全てALPACAの買い戻しと焼却(burn)にあてる(初のデフレメカニズム、LYF発売時に実装)
✔️ レバレッジファーミング時の借入金利の10%は手数料となりますが、そのうち半分は、ALPACAの買い戻しと焼却(burn)に使われます。つまり、レバレッジファーミングの手数料の半分は、burnという形でトークン保有者に還元されることになります(第2のデフレメカニズム、LYF発売時に実施)。

Q2 2021:

✔️ 当社のプラットフォームでプールに直接流動性を追加する機能を提供する。
✔️ より多くのPancakeSwapプールと連携する。
✔️ CEX上場(8月完了)
✔️ 注目のレバレッジ・プール・プログラム-BSCプロジェクトにレバレッジを提供するためのパートナーシップを開発する。
✔️ 借り入れとレンディングのための単一資産を預け入れるプールをさらに立ち上げる。
  • ✔️ETH
  • ✔️ALPACA
  • ✔️USDT
  • ✔️BTCB
✔️ レバレッジ・イールドファーミング・プールにALPACAペアを追加する。
✔️ SlowMistとinspexでさらに2つの監査を完了。
✔️ Grazing Rangeプール:ユーザーはibALPACAをステークして、注目のレバレッジ・プール・プログラムのパートナーのトークンをファーミングすることができるようになります。
✔️ アルパカの初のNFTキャンペーン:NFT形式の初の短編アニメーションシリーズ。
✔️ Grazing RangeによるNFTファーミング
✔️ 独自のインデックスノードソリューションを開発することで、BSCネットワークの同期の問題を改善。
✔️ 価格操作やフラッシュローンによる清算を防ぐために、高度なアルパカガードを構築し、レバレッジ・イールドファーミングの安全性を大幅に向上。
✔️ アセットの両面借り入れ:ペアのどちらでも借り入れられるようになり、強力なショートおよびヘッジ戦略を可能にします。
✔️ PancakeSwapの取引手数料を正確に追跡するための社内ソリューションをカスタマイズ。
✔️ 新しいプールを追加するために、より多くのDEXと連携(WaultSwap)
✔️ PeckShield、Inspex、SlowMistの3つの監査を完了。
✔️ 全ての資産を借り入れることができる単一資産のレバレッジ・イールドファーミング(LYF)。最初のプールはCAKE
✔️ ALPACAトークンの実用性を追加:プロトコルでパフォーマンスフィーを共有(単一資産のLYF)
✔️ より多くのプロジェクトと提携し、ALPACAトークンと資金プールをそのプロジェクトで使用することで、我々のプロトコルを構築する。例えば、他のプロジェクトがより多くのALPACAステーキングプールを作成するようにインセンティブを与える。

Q3 2021:

✔ Chainlinkオラクルとの連携
✔ LYFの高度な機能を追加
  • ✔️ 担保の追加時にレバレッジを調整
  • ✔️レバレッジ調整が可能なLYFポジションの部分的クローズ
✔️ プロトコル内でのALPACAのさらなる活用を追加
  • ✔️ レンディングからの買い戻し&焼却(burn)を増加
  • ✔️ 清算からの買い戻し&焼却(burn)を増加
✔️ レンディングプールの追加
  • ✔️ TUSD
✔️ 連携したDEXからのプールの追加
✔️ 追加のウェブウォレットとモバイルウォレットのサポート
✔️ 多言語のサポートを追加
  • ✔️ ウェブサイト
  • ✔️ ドキュメント
  • ✔️ チュートリアルビデオ(3)
✔️ アルパカガードが有効な時にも担保の追加をできるようにする
✔️ 最低負債比率を下回る場合でも、任意の額の担保を追加可能
✔️ 長期間のGrazing Rangeの追加(Scientix)
✔️ Grazing Rangeプールにローンチパッドを追加 (LatteSwap)
✔️ ファーミングポジションの損益計算を「あなたのポジション」に表示
✔️ 監査の追加(5 完了)
✔️ CEXへの追加上場(10 完了)
✔️より多くのDEXと連携する(MDEX)
✔️ カバー保険と連携する
  • ✔️ Nexus Mutual
  • ✔️ InsurAce

Q4 2021:

✔️ Dauntless(BSCのアルピー)の販売…10月19日
✔️ Dreamers(ETHのアルピー)の販売…11月2日
✔️ SDKの作成:他のプロトコル、ファンド、団体が当社サービスと連携するためのコンポーザビリティの向上
✔️ さらなる多言語サポート
  • ✔️ ウェブサイト
  • ✔️ ドキュメント
  • ✔️ チュートリアルビデオ(1)
✔️ アルピーギャラリーの開設
✔️ ALPACAトークンの使い道の追加
  • ✔️ より多くの買い戻し&焼却
    • ✔️ アルピーの売り上げの20%
    • ✔️ アルピーの二次流通ロイヤリティの2.5%
    • ✔️ AUSDの清算手数料の80%
    • ✔️ AUSDスタビリティ手数料の50%
  • ✔️ プロトコルAPRの上昇
    • ✔️ LYF(レバレッジ・イールドファーミング)のパフォーマンス手数料の5%
    • ✔️ AUSDのパフォーマンス手数料
✔️ アルパカファイナンスのウェブサイトの新デザイン:
✔️ NFTマーケットプレイスにアルピーをリスティングする(4 完了)
✔️ CEXへの上場の追加(7 完了)
✔️ 監査の追加(6 完了)
✔️ Grazing Rangeプールの追加(22 追加済み)
✔️ 連携したDEXからのより多くのファーミングプール
✔️ AUSD ステーブルコインの作成:
  • BUSD担保プールの新設
  • 最初のAUSDの使い道(AUSD-BUSDステーキングプール)
  • ステーブルスワップモジュール
✔️ ガバナンスの導入(1/2):ALPACA -> xALPACAロックアッププールによるALPACA報酬、プロトコル報酬、Grazing Rangeの報酬への移行
✔️ アプリのパフォーマンス向上
✔️ アプリのUIの改善

Q1 2022:

(この四半期の最大の目標は、マルチチェーンと自動化ヴォールトです)
✔️ USDCレンディングプールの追加
✔️ USDC両面LYFの実施
✔️ 連携しているDEXからより多くのファーミングプールを追加(BSCから3つ、Fantomからたくさん)
✔️ アプリのUI改善
✔️ BSC <> ETH間のアルピーブリッジ
✔️ Grazing Rangeプールの追加(7/? 実施中)
✔️ アプリのパフォーマンス向上
✔️ ガバナンスの実装(2/2):xALPACAによる投票
✔️ マルチチェーン化(Fantom)
✔️ 追加のCEXへの上場(1/?)
✔️ AUSDステーブルコインに関する商品の継続的投入
  • ✔️ 担保資産の追加(3 追加)
  • ✔️ フラッシュローンモジュール
✔️ AUSDにプロトコルユーティリティを追加
  • ✔️ AUSD商品化計画(ペッグメカニズムの追加)
  • ✔️ AUSD-BUSD低手数料取引プールのための提携(Ellipsis)
✔️ TOMB Financeとの統合
  • ✔️ TOMBレンディング
  • ✔️ TOMBの両面LYFプール
✔️ 最初のガバナンス投票
✔️ 自動化 Market-Neutral ヴォールト
✔️ Fantomガバナンスの導入 - ステージ1

Q2 2022:

✔️ アプリ内計算機
✔️ BNBチェーンに自動化ヴォールトの追加
  • ✔️ 高レバレッジ(8倍)の自動化ヴォールト
  • ✔️ 自動化ヴォールトの利用率と容量を高めるために金利モデルを更新する
✔️ Fantomでの自動化 Market-Neutral ヴォールトを開始
✔️ AUSDの事業化計画の立ち上げ
  • ✔️ AUSDをEllipsisに移行する
✔️ MasterchefV2への移行
✔️ DEXとの統合の追加--BiSwap
✔️ セービングヴォールトの開始
  • ✔️ BNB, BTCB, ETH
✔️ 高レバレッジのプライベート自動化ヴォールトを開設
✔️ ガバナンスからxALPACAの早期引き出しの実施
✔️ ALPACAトークンにさらなる価値を加える
  • ✔️ xALPACAをステーキングすることで、プライベート自動化ヴォールトへの投資が可能になる
✔️ アプリのUI改善
  • ✔️ UI上の自動化ヴォールト(AV)のデータとチャートを追加する
✔️ CEX上場の追加(2/?)
✔️ 監査の追加(2/?)
✔️ Grazing Rangeプールの追加(7/?)
✔️ CAKEレンディングプールの追加
✔️ CAKE両面レバレッジファーミングの導入
✔️ 提携しているDEXからより多くのファーミングプールを追加(16/?)
✔️ AUSDにさらなる価値を加える
  • ✔️ AUSD-3EPSをステーキングすることで、プライベート自動化ヴォールトへの投資が可能になる
✔️ NFTユーティリティの追加
  • ✔️ アルピー保有者向けに最大レバレッジを50%アップ
✔️Alpaca Gaming Web3 studioに関する情報を共有します

Q3 2022:

  • CEXへの上場を追加(1/?)
  • 🔜 自動化ヴォールトの収益性向上
  • 🔜 アプリUIの改善
  • 🔜 Grazing Rangeプールの追加(2/?)
  • 監査の追加
  • Alpaca Gamingの最初のWeb3ゲームのコンセプトアートを開始
  • Web3ゲームのマーケティングを開始
  • NFTユーティリティとの連携をさらに強化
  • 追加のウェブおよびモバイルウォレットのサポート
  • ibトークンを担保として受け入れるレンディングプロトコルとの連携
  • AUSDを担保として受け入れる外部プロトコルとの連携
  • レンディングプールを追加
  • AUSDのプロトコル・ユーティリティをさらに追加
  • AUSDステーブルコインの展開の継続
    • 担保の種類を追加(自動化ヴォールトトークン、ibBTCB、ibETHなど)
  • Alpaca Institutional(機関投資家向け)仕組債の立ち上げ
  • アプリUIの刷新(ヒストリカルデータ、クロスチェーンデータのシングルUIへの追加など)
  • Web3ゲーム用ゲーミングトークンを販売
    • アルピーオーナー向け先行販売
  • ibトークン用のオラクルのセットアップ
  • 未公開の戦略的機能の追加

Q4 2022:

  • AlpacaV2(多くの新機能を開発中)
  • アルパカエコシステムのdAppsを構築するサードパーティーに資金を提供する
    • 自動化オプションを備えた取引プラットフォームなど
  • Web3ゲームのMVPを立ち上げ
  • CEXへの上場を追加
  • 監査の追加
  • Grazing Rangeプールの追加
  • アプリのUI改善
  • レンディングプールの追加
  • 連携しているDEXからのファーミングプールを追加
  • ウェブおよびモバイルウォレットのサポートを追加
  • 1倍LPポジションの自動複利計算のためのUIの作成
  • AUSDのプロトコル・ユーティリティを追加
  • AUSDを担保として受け入れる外部プロトコルとの提携
  • コンポーザブル・デプロイメントによるレンディングプールのAPYの増強
  • ステーキングプールの戦略:資本効率を向上させるためのステーキングプールの戦略を追加、ステーキング・ファンドの利回りの創出を追加実装。
  • Alpaca Institutional(機関投資家向けプログラム)により多くの商品を追加
  • アルピーオーナー限定のフィジカルグッズ
  • NFTマーケットプレイスの開始(主に当社のゲーム/アルパカNFT向け)
  • Web3ゲームのプライベートα版開始
    • アルピーオーナー専用アクセス
  • 未公開の戦略的機能の追加
​
ロードマップは変更される可能性があります。
第3四半期、第4四半期の最後の項目で示唆したように、戦略的価値のある主要な機能が含まれない可能性があります。ここではあまり秘密を漏らしたくありません😏😏😏。しかし、アルパカファイナンスをトップのクロスチェーン金融プラットフォームに成長させるために精力的に取り組んでいますのでご安心ください。
また、コミュニティメンバーからの提案やアイデアをいつでもお待ちしていますので、ぜひ私たちのDiscordに参加してあなたの声を聞かせてください。
Copy link
On this page
Q1 2021:
Q2 2021:
Q3 2021:
Q4 2021:
Q1 2022:
Q2 2022:
Q3 2022:
Q4 2022: