日本語
Search
K

戦略3:ステーブルコインの利回りを高める

市場が不安定なときは、ポートフォリオの何割かをステーブルコインで保有するのが人気の戦略です。そして、そのステーブルコインを様々な利用可能なプロトコルに預けることで、通常10~25%の利回りを得ることができます。しかし、アルパカファイナンスでは、ステーブルコインを借りてポジションサイズを大きくすることで、ステーブルコインの利回りを倍増させることができますし、最も重要なのは、非常に低いリスクであるということです。ここでは、2つの簡単な手順でその方法をご紹介します。
(いくつかのステーブルコインのペアのファーミングプールがありますが、この例では、BUSD-USDTをファーミングする方法を示します)
手順1Lendのページで、BUSDとUSDTの利用率を見ます。利用率の低いステーブルコインの方が借り入れ金利が低くなります。例えば、この記事を書いている間、BUSDとUSDTの利用率はそれぞれ76.58%と41.98%です。したがって、次の手順ではUSDTを借りることを計画しています。
手順2Farmページで、USDT-BUSDプールを見つけます。Farmをクリックします。主な担保として追加したいBUSDの金額を入力します。USDTだけを預け入れることも、BUSDとUSDTを混ぜて預け入れることもできますが、レバレッジを使用する場合、借りる資産ではない方の資産を預け入れすることで、取引手数料を少し節約できます。そこで、この例では、1000BUSDを追加します。次に、手順1で決めたように、借りる資産としてUSDTを選びます。そして最後にレバレッジの倍率を選択します。
  • レバレッジが2倍の場合、ユーザーは1000 USDTを借り、ファーミングポジションは1000 BUSD + 1000 USDTになります。
  • レバレッジ6倍の場合、5000 USDTを借りて、3000 BUSD + 3000 USDTのファーミングポジションを作成します。(プロトコルは2000 USDTを2000 BUSDと交換し、50:50のLPトークンを作成します)
以上、簡単な2つの手順です。
あとは座って、ステーブルコインの高い利回りを得るだけです。
アルパカファイナンスでステーブルコインのレバレッジファーミングをする際には、いくつかの注意点があります。
  • USDT/BUSDの交換は市場に依存しているので、価格はペッグから少し離れることがあります。そのため、ポジションが大きい場合には、タイミングを見計らって、借りるステーブルコインの価格が$0.99以下にならないようにするのが良いでしょう。(安い時に借りるのは損です、逆に高い時に借りると将来の返済時に安く返せることになるので得をします)
  • 2倍以上のレバレッジをかけたイールドファーミングの場合、必ずトークンの交換が発生します。交換時にかかる費用(取引手数料とプライスインパクト)のために、あなたの自己資金の一部がわずかに減少します。そのため、大きなポジションを建てる際に、プライスインパクトを抑えたい場合は、小さなポジションに分割することができます。また、アルパカアカデミーのレッスン4でご紹介している、「ポジションの調整」「ポジションを部分的にクローズ」ツールを使えば、取引手数料やプライスインパクトをほぼゼロにすることができます。
  • 借入金利は変動しますので、定期的に金利を確認してください。時々、借入金利が急上昇して、APYが非常に低くなり、時にはマイナスになることがあります。しかし、これは一時的な現象であり、借り手が利益を得られるレベルまで借り入れ金利を押し下げるしくみになっています。
  • APRの一部はALPACAで配布されます。Farm画面の右上から手動で請求してください。ポジションの価値には加算されません。
  • 取引手数料APRやイールドファーミングAPRは、あなたのLPポジションに自動で加算されます。
  • ステーブルコインの価格がペッグから離れた時、その乖離がレバレッジで増幅されて、あなたの自己資金の現在価値を上下に動かすことがあります。これは一時的な現象であり、ステーブルコインは非常に高い確実性で1対1のペッグに戻ります。