日本語
Search
K

戦略4:強気の市場で利益を倍増させる

強気の市場で暗号資産の利益を倍増させるには、ロングポジションをレバレッジすることが最も効率的です。次の記事では、このような市場においてレバレッジ・イールドファーミングがいかに有益であるかを紹介します。しかし、この目的のためにレバレッジ・イールドファーミングの強みを理解するためには、まず、同種の戦略であるレバレッジ・トレーディングについて調べてみましょう。

一般的なレバレッジ取引に対するレバレッジ・イールドファーミングの利点

トレーダーは、ある資産に対して自信を持って強気でいるとき、利益を増やすためにレバレッジを使うことがよくあります。例えば証拠金取引では、株式トレーダーは既存の株式を担保として、より多くの株式を購入するために資金を借りることができます。同様に、暗号資産のトレーダーは、CEXで永久契約(別名:Perp)を購入し、暗号資産を担保にしてポジションをレバレッジすることができます。
しかし、Perpを購入すると、Perpと担保の暗号資産の両方をCEXから引き出すことができません。つまり、レバレッジトレーダーは、DeFi内の多数のDEXやレンディングプロトコルで広く提供されているこれらの資産で、収益性の高いファーミングの機会(30~100%のAPYも珍しくない)を失うことになります。さらに、レバレッジトレーダーは借り入れ金利を支払わなければならないため、ポジションを保有している間は損失を被ることになります。
しかし、レバレッジ・イールドファーミング(LYF)では、トレーダーは資産をレバレッジし、自己資金と借り入れ金の両方から利回りを得ることができるので、レバレッジ取引よりもLYFの方がはるかに資本効率が高いといえます。LYFは、DEXの標準的な流動性ペアのファーミングと似ていますが、トークンを借りてポジションの数量とリターンを増やすという選択肢があります。
例えば、アルパカファイナンスでは、ユーザーは10,000ドル相当のETHを担保に、20,000ドル分のUSDTを借りて、15,000ドル分のETHと15,000ドル分のUSDTで作られたポジションをファーミングすることができます(レバレッジ3倍)。この例では、5,000ドル相当のUSDTをETHに交換しています。ユーザーはETHに対して1.5倍のレバレッジをかけていることになります。
ETHに1.5倍のレバレッジをかけてロングしていることに加えて、1万ドルの持分に対して42%のAPYを得ることができます。これは、自分の持分の3倍の大きさのポジションでより高いファーミングの利回りを得ることができるからです。したがって、ETHが上昇した場合、ETHの利益が倍増するだけでなく、ファーミングの利回りも倍増することになります。
さらに、年間の借入金利がAPR(年利)=20~100%のPerpsに比べて、レバレッジ・イールドファーミングの借入金利は通常APR=10~20%程度と非常に低くなっています。
これらの利点により、レバレッジ・イールドファーミングは、強気の市場で利益を倍増させるレバレッジ取引の強力なツールであり、時には優れたツールでもあります。

レバレッジ・イールドファーミングの基礎知識

レバレッジ・イールドファーミングやアルパカでのロング/ショートのしくみにすでに慣れている場合は、このセクションを読み飛ばしてもかまいません。
アルパカのLYFツールを使用してレバレッジをかけたロングポジションを作成する方法を説明する前に、LYFポジションをオープンする際に、どの暗号資産にロングまたはショートのエクスポージャー(価格変動リスクにさらされている額)があるかを理解することが重要です。(注:ショートとは何かを知らない場合は、この記事をお読みください)
最初の暗号資産のエクスポージャーの計算は簡単です:あなたはファーミングポジションのトークンをロングし、借りたトークンをショートします。あなたのポジションのエクスポージャーは、この2つの合計値です。
アルパカでポジションをオープンすると、ポートフォリオのページの「あなたのポジション」欄に、借りたものの価値である負債の額が表示されます。
図の場合、負債の額(Debt Value)は3.13BNBです。
「ポジションの価値」(Position Value)の上にカーソルを置くと、ポジションに含まれる資産の価値の内訳や、エクスポージャーも見ることができます。
上の例では、「ポジションの価値」(Position Value)のBNB 2.60から「負債の額」(Debt Value)の 3.13 BNB を引くと、おおよそのショートエクスポージャーは-0.522となります(UIの丸め方とクローズ時の交換手数料の計算により、表示上は 0.008ずれています)。
自己資金として入金したトークンの種類は関係ありません。
ネットエクスポージャーを計算する際には、ペアのどちらのトークンを入金したかは考慮されないことに注意してください。重要なのは、1) 最初のファーミングポジションにあるトークンの量と、2) あなたが借りたトークンの量です。これらから、最初のロングとショートのエクスポージャーを計算することができます。
しかし、どのトークンを預けるかは、トークンの交換にかかるコスト(交換手数料+プライスインパクト)を節約するという意味では重要です。どのような資産の組み合わせであっても、アルパカはそれらを50:50の比率に変換し、ファーミングポジションを作成します。そのため、2倍以上のレバレッジポジションを建てる際には、借りている資産以外の資産を預けることで、交換手数料を節約することができます。(交換手数料を節約する方法については、こちらの記事をご覧ください)

レバレッジをかけたロングファーミングポジションの作り方

暗号資産(ETHなど)に自信を持って強気でいる場合は、以下のいずれかを作成することでETHのレバレッジ付きロングポジションを作ることができます。
  1. 1.
    ETH-ステーブルコインのペアのファームで、ステーブルコインを借りて2倍以上のレバレッジをかける
  2. 2.
    ETH-トークンA(ステーブルコイン以外のトークン)のペアで、トークンAを借りて2倍以上のレバレッジをかける
それぞれの例について説明します。
ETH-ステーブルコインのペアのファームで、ステーブルコインを借りて2倍以上のレバレッジをかける
前述の例のようにETH-USDTのポジションを作成し、1万ドル相当のトークンを入金し、3倍のレバレジを選択して2万ドル相当のUSDTを借ります。アルパカは入金したトークンと借りたトークンをすべて50:50の比率になるように交換し、ETH 15,000ドル+USDT 15,000ドルの組み合わせにします。最初のネットエクスポージャーを計算するには、ロングとショートを足してください(ファーミングしているトークンをロング、借りたトークンをショートにしていることを覚えておいてください)。
  • 15,000ドル相当のETHをロング ⇐ファーミングしたトークン
  • 15,000ドル相当のUSDTをロング ⇐ファーミングしたトークン
  • 20,000ドル相当のUSDTのショート ⇐ 借りたトークン
したがって、最初のネットエクスポージャーは15,000ドル相当のETHのロングとなります(ステーブルコインのロングとショートは計算しません)。ETHの初期保有額10,000ドルに比べて1.5倍のレバレッジがかかっています。そして、ファーミングによる利回りは3倍得られることになります。
ETH-トークンAのペアで、トークンAを借りて2倍以上のレバレッジをかける
トークンAはステーブルコイン以外の、値動きのあるトークンとします。
例えば、ETH-BNBのポジションを作成し、10,000ドル相当のトークンを入金し、3倍のレバレッジを選択して20,000ドル相当のBNBを借ります。アルパカは、入金したトークンと借りたトークンを合わせて、ETH 15,000ドル分+BNB 15,000ドル分の50:50のポジションを作成します。そのエクスポージャーは次のとおりです。
  • 15,000ドル相当のETHをロング ⇐ファーミングしたトークン
  • 15,000ドル相当のBNBをロング ⇐ ファーミングしたトークン
  • 20,000ドル相当のBNBのショート ⇐ 借りたトークン
したがって、最初のネットエクスポージャーは、15,000ドル分のETHのロングと5,000ドル分のBNBのショートとなります。簡単なルールとして、2倍以上のレバレッジを使用した場合、借りた資産に対して若干のショートエクスポージャーが発生します。ETHに関しては、最初に保有していた1万ドル相当のETHに比べて、1.5倍のETHロングになっています。さらに、2つの暗号資産で構成されるペアではかなり大きな意味を持つ、3倍の利回りを収穫することになります。
このポジションがETH-USDTのファーミングよりも収益性が高いためには、次のうち少なくとも1つが当てはまることが望ましいでしょう。
  1. 1.
    ETH-BNBのファーミングのAPYがETH-USDTよりも高い。
  2. 2.
    BNBの価格が下がると信じている(BNBをショートしているので)。

時間経過による利益のモデル化

最初のネットエクスポージャーは、時間の経過とともに変化する可能性があります。それは、価格が動くと、あなたのLPトークンの構成が変わり、ロングとショートのエクスポージャーがシフトするからです。
例えば、ETHの価格が上昇すると、あなたのLPに含まれるETHの数量は少なくなります(これは、PancakeSwapなどのAMMが流動性プール内の資産をリバランスするために起こります。そのしくみについては、こちらの記事をご覧ください)。これに対応して、ETHの価格が下落すると、LP内のETHの数量が多くなります。
DeFiプロトコルでロングとショートのエクスポージャーを長期的に追跡するのは、かなり複雑です。幸いなことに、先ほど「レバレッジ・イールドファーミングの基礎知識」のセクションで指摘したように、ポートフォリオのページで自分のポジションの「ポジションの価値」(Position Value)にマウスを合わせると、リアルタイムのロングおよびショートのエクスポージャーを示す表(子ウィンドウ)がポップアップします。

トークンの価格が変動した場合、どのくらいの利益・損失が出るのでしょうか?

下のグラフは、先の例のような3倍のレバレッジをかけたファームのポジションにおいて、借りていないトークン(ETH)と借りたトークン(USDTまたはBNB)の価格が変動したときに、あなたの資金の現在価値(ポジションをクローズしたときに受け取れる価値)がどのように変化するかを示しています。
次のグラフでは、借りていないトークン(ロング)の価格が上昇した場合や横ばいの場合には、ホールドよりもレバレッジ・ファーミングの方がはるかに収益性が高く、価格が小幅に下落した場合には、半分のケースでまだ収益性が高いことがわかります(緑は-20%、青は-40%)。つまり、ほとんどの場合、レバレッジ・ファーミングを利用した方が利益を得られるということです。
いくつかの重要な見解があります。
  • 破線の黒線は、ウォレットの中のETHを単にHODLした場合のあなたのETHの価値を示しています。ETHの価格が上昇すると、あなたの資産は直線的に増加します。
  • 借りた資産の価格が変わらない場合(ステーブルコインを借りた場合)。 a) 利回りを考慮しない場合(黒の実線)。ETHが上昇すると、ETHのエクスポージャーは1.5倍のレバレッジがかかっているため、あなたの資産はHODLing ETHを大幅に上回ります。 b) 利回りを考慮した場合(緑の線)、あなたの資産価値はさらに高くなります。
  • 借りた資産の価格が変化した場合(例えばBNBを借りた場合)、曲線は変化します。あなたはBNBをわずかにショートしていることを忘れないでください。BNBの価格が下がれば,あなたの資産価値カーブは上向きになります(赤の線)。BNBの価格が上昇すれば,あなたの資産価値カーブは下降します(青の線)。
  • ETH(借りていない資産)の価格が60%程度まで上昇すると、借入先がステーブルコインか暗号資産かはあまり重要ではなくなります。これは、ETHが上昇すると、LPに含まれるETHが減り、その暗号資産が増えることで、その暗号資産に対する最初のショートポジションが中和されるためです。
  • レバレッジ3倍の場合、借りた資産(ETH/BUSDまたはETH/BNB)に対する借りていない資産が36%下落しないと、清算のリスクが生じます(清算しきい値を83.3%と仮定)。2倍以上のレバレッジを使用している場合、借りた資産が上昇している間に借りていない資産が下落した場合は、ポジションが清算される可能性があるため、特に注意が必要です。清算については、アルパカアカデミーのレッスン3で詳しく説明しています。
  • イールドファーミング計算機(Yield Farming Calculater)を使うと、資産がどれくらい下落すれば清算のリスクがあるかなど、すべての計算やグラフを試すことができます。
*色付きの線は、ファーミングAPR+取引手数料APRを25%、借入金利APRを15%、ALPACA報酬APRを10%、ファーミング期間を90日と仮定しています。
要約すると、ある資産(ETHなど)に強気であれば、その資産をレバレッジをかけてイールド・ファーミングすることは、単に保有したり、普通にイールド・ファーミングするよりも利益の大きい戦略となります。
最も重要なことは、レバレッジを効かせたポジションを保有している間は、そのポジションに対してレバレッジ倍のファーミング利回りを得ることができ、その結果、選択した資産の価格が横ばいであっても、また多くの場合、多少の下落があったとしても、ポジションの収益性が向上するということです。
このような理由から、レバレッジ・イールドファーミングは、強気の市場で暗号の利益を倍増させるための汎用的な最適戦略なのです。
アルパカファイナンスで利益を得る方法についての記事は、「アルパカファイナンスで農作物の収穫量を最大化する6つのシンプルな戦略」をご覧ください。また、教育コンテンツをさらに充実させるために、アルパカアカデミーもぜひご覧ください。