日本語
仲間募集(ALPACAREERS)
ヘルプセンター
🔒
セキュリティ
DeFiユーザーにとってセキュリティは一番気になるところです。私たちアルパカは、このようなユーザーのニーズをくみ取り、プロトコル立ち上げの時からトップレベルのセキュリティを持つことに注力し、継続的に改善を図ってきました。その結果、私たちの努力は様々なセキュリティグループに認められ、私たちのプロトコルに8桁の資金を投入したTrueUSDのように、大規模な機関から信頼を得ています。
また、DeFiの大手保険会社であるNexus Mutualが設定した厳しいセキュリティ基準にも合格し、彼らのプラットフォームを通じてユーザーにカバーを提供することができました。アルパカファイナンスは、DeFiのセキュリティ基準を設定し、機関や一般ユーザーから信頼されるブランドになるために努力を続けています。当社のセキュリティプロトコルについては、以下をご覧ください。

🔒 アルパカは安全ですか?

一言でいえば安全です。
BSCコミュニティの中で、アルパカファイナンスは最も安全なプラットフォームの一つとして広く評価されています。その理由は、これまで一度もセキュリティ上の問題が発生したことがないという完璧な実績と、多層構造のセキュリティプロセスにあります。
  • PeckShield、Certik、Inspex、SlowMistなどの一流企業から、業界最多である20件のセキュリティ監査を受けています。
  • また、保険を希望するユーザーのために、Nexus Mutual カバーInsurAceを統合し、損失時に資金を弁済できるCoverを購入する選択肢を提供します。(現在のところ日本在住者は対象外です)
  • Nexus MutualとInsurAceのカバーに加え、私たちは独自の保険プランを導入しました。万が一、資金不足が発生した場合、ガバナンスヴォールトに入る将来のプロトコル収入の最大50%が、資金を失ったユーザーへの返済に充てられ、最長で1年間、少なくとも7桁の補償が可能です。
  • 2021年6月、アルパカはBSC自身が広告を出しているDefi SafetyからBSCで最高のセキュリティ評価を受け、Certikからは3番目に高いセキュリティスコアを獲得しました。
  • ALPACAトークンについては、可能な限りダンピングに対して耐性をもたせました。私たちのALPACAトークンはフェアローンチで、総供給量の87%がプラットフォーム参加者に提供されます。チームは9%以下のトークンしか手にしておらず、それは2年間で権利化されたものです。また、プレセールもプレマイニングもなく、VCもいないので、トークン保有者にダンピングする人がいません。
  • 私たちのコードはオープンソースで、すべての行が何百人もの独立した開発者によって精査されています。また、Immunefi社と共同でプロのバグ・バウンティ・プログラムを実施しており、小さな問題でも発見されれば、高額な報酬が得られます。ぜひ、ご自身の目で私たちのコードを確かめてみてください。
  • また、社内外で広範なコードレビューが行われているだけでなく、ビルトインのセーフガードも用意されています。例えば、私たちが運用を始めるすべてのコントラクトは、タイムロックコントラクトに所有されています。そのため、開発者が行った変更は、24時間後に有効になります。つまり、コードに疑わしい変更が加えられた場合でも、ユーザーは資金を引き出し、安全に退出するための十分な時間があるということです。何万人ものユーザーがいるということは、どんな小さな変更でも多くの参加者の目にさらされていると考えていいでしょう。時には質問を受けることもあり、大変ですが、誠実な仕事だと思っています。👨‍🌾
  • フラッシュローンについては、アルパカでは許可していませんので、そのような攻撃に対して安全です。
  • また、価格操作やフラッシュローンによる清算については、アルパカはChainlinkの価格フィードと統合しており、これを防止する社内のアルパカガードも備えています。
  • 最後に、私たちは自分たちのプロトコルだけでなく、エコシステム全体の安全性を確保する努力をしています。そのため、私たちは安全性に関する高い基準を満たしたプロジェクトとのみ提携しています。私たちが協力するプロジェクトはすべて、コード監査を補完する質的監査であるSecurity Scorecardに合格しなければなりません。
  • 最後になりましたが、私たちが全力を尽くしても、ユーザーは自分自身を教育する必要があります。DeFiプロジェクトに参加する際には、潜在的なリスクを認識することが重要です。詳細はこちらをご覧ください。

Alpacaはフラッシュローン攻撃のリスクがありますか?

いいえ、アルパカはEOAのみです。つまり、フラッシュローンがプロトコルと相互作用することを認めていません。そのため、フラッシュローンによる攻撃は不可能です。

🔒アルパカ保険プラン

個人・法人を問わず、ユーザーが最も重要視しているのは「安全性」です。実は、この言葉には意味があり、安全性の評価にはいくつかのポイントがあります。
第一のポイント「アルパカ・ファイナンスに資金を預けても大丈夫なのか?」
私たちはこの1年、アルパカを最も安全なプロトコルの1つとして確立するために最善を尽くし、業界トップクラスの20以上の監査を受け、セキュリティ上の問題がないことを証明する実績を残してきました。この点については、ベストを尽くせていると思います。しかし、それでも新規参入者に我々のDeFiプラットフォームを取り入れてもらうのは難しい。そこで、2つ目のポイントになります。
第二のポイント「万が一、セキュリティ上の問題で不足が発生した場合、どのような保険やアフターフォローが受けられるのか」
私たちは、Nexus MutualとInsurAceという保険会社とパートナーシップを結び、私たちのプラットフォームのユーザーに選択制でカバーを提供することにしています。しかし、これらの商品は、すでに投資を検討しているDeFiのベース商品の複雑さに悩まされている新規ユーザーにとって、さらに複雑な要素を追加することになります。そこで、よりシンプルなソリューションとして、「アルパカ保険プラン」を用意しました。

保険プランと保険ファンド

保険ファンドは、CEXや金融機関が使用するセキュリティフォールバックメカニズムとして知られています。しかし、私たちはより良い解決策があると信じています。保険ファンドを作るには長い時間がかかり、その間は適切なプランがなく、準備ができても資金が使われることなく眠ってしまい、非効率的だからです
万一への対応よりも、万一の事態の発生を予防することに重点を置きたい。そのために、私たちは安全第一でプロトコルを構築しています。徹底したプロセスと24時間のモニタリングで、すでに不足が発生する可能性は限りなく低くなっているわけですから、不足が発生したときにだけ発動する条件付きの保険プランの方がいいと考えているのです。不足とは、アルパカのエコシステムに属するマネーマーケットで赤字が発生した場合です。
損失補填のための資金をどこから調達するかですが、それは将来の収入から調達することになります。具体的には、資金不足が発生した場合、Governance Vaultに入る将来のプロトコル収入の最大50%が、資金を失ったユーザーへの返済にあてられ、最長で1年間、少なくとも100万ドル単位の補償が可能となります。
アルパカ保険プランは、Aaveのセーフティモジュールからヒントを得ましたが、AaveのようにALPACAを売ってカバーするのではなく、将来のプロトコル収益を使用することにしました。
ユーザーがGovernance Vaultに預け入れたALPACAから得られる、将来のプロトコル収益の一部を、不足が生じた場合にのみ使用します。したがって、不足が発生した最悪のケースでも、Governance Vaultに預け入れられたALPACAは、ALPACA報酬、Grazing Rangeの報酬、およびプロトコル収益の50%を受け取ることができます。さらに、不足の発生に関する解釈は、ガバナンスの投票に委ねられます。そのため、保険プランの資金配分については、ガバナンスの管理者が最終的な決定権を持つことになります。
アルパカ保険プランは、当社のプラットフォームで提供する商品への投資を検討されている方に安心を提供するために存在します。万が一、資金不足が発生した場合、プロトコル収入の一部が再分配されますが、アルパカ保険プランの存在は、より多くのユーザーがアルパカプラットフォームへ資金を投入することを促し、特に富裕層の個人および機関投資家がアルパカファイナンスを利用または連携するために必要なことについて、ここ数ヶ月、多くの話し合いを行ってきたことに大きな効果があると信じています。投資家の参加によって、保険プランはガバナンス預金者に高いプロトコル収益をもたらし、より多くのバイバック&バーンによって彼らのALPACAトークンの価格を押し上げることになります。

アルパカ保険プランの補償内容

貸し手の不良債権、スマートコントラクトのリスク、エクスプロイト(システムの脆弱性を攻撃されること)、経済設計の失敗、深刻なオラクル統合の失敗など、アルパカファイナンスのコードやインフラに責任がある不足の事象を補償します。
補償されない内容は以下のとおりです:
  • ネットワークやUIの問題による個別の清算
  • フィッシング、秘密鍵のセキュリティ侵害、マルウェアなどによる損失
  • 統合されたプロトコルに限定された損失事象(例:Alpaca PCSファーミングプールの場合はPancake)
  • Grazing Rangeなどの提携プロジェクトにおける損失事象
  • 資産の評価減による損失(攻撃との関連性を問わず)
  • ハッキングやバグが公開された後の損失
  • アルパカのプロトコルが正常な状態で、外部の相互運用コントラクトまたはインタラクティブなスマートコントラクトがハッキングまたは意図しない方法で操作された場合のすべての事象
  • アルパカのプロトコルが正常な状態で、外部入力(オラクル、ガバナンスシステム、インセンティブ構造、マイナーの行動、ネットワークの混雑など)が操作されるあらゆる事象
  • 虚偽の情報を提供した場合、または隠蔽、嘘、誤解を与えようとした場合
何らかの不足事象が発生し、保険プランが適用された場合、個別に請求が発生するようなことはありません。これは、私たちのすべての製品に関するプロトコル全体の補償です。たとえば、あるレンディングプールで不良債権が発生した場合、その債権を補填するためにレンディングプールに資金を送り返します。また、返済が行われる前にプールから資金を引き上げたユーザーに対しては、責任を負いません。
前述のリストは、何が対象で何が対象外かを網羅したものではなく、償還方法や不足が発生した場合に償還を受ける当事者が決まっているわけでもありません。保険プランからの払い戻しを受ける資格の最終的な判断は、ガバナンスの投票者の手に委ねられます。

💰 Nexus Mutual カバー

※現在のところ日本在住者は対象外です
アルパカは、一番のDeFi保険会社であるNexus Mutualがカバーを提供する数少ないトップBSCプロトコルの一つです。ユーザーは、レンディング、ファーミング、Grazing Range、ステーキングを含む、すべてのアルパカサービスに投入された資金のカバーを購入することができます。

このパートナーシップから利益を得る方法

このパートナーシップを利用するには2つの方法があります。
  • カバーを購入する:アルパカファイナンスに資金を投入しているユーザーは、資金損失の可能性に対するカバーを購入することができます。
  • カバーを提供する:アルパカのコードが安全だと信じている方は、NXMトークンをステーキングして購入者にカバーを提供し、カバーの掛け金を利回りとして受け取ることができます。アルパカを含む最大20のプールに一度にステーキングできる(同じNXMトークンを使用する)ので、とても資本効率が良いです。
このカバーは現在提供されていますので、今すぐNexus Mutualにアクセスして、カバーを購入または提供してください。(カバーを購入または提供するためには、イーサリアムのメインネットで行う必要があります。補償はBSC上のアルパカファイナンス内の資金はもちろん、アルパカが将来参加するすべてのブロックチェーンに適用されます。)

シールドマイニング

ユーザーはNXMをステーキングしてアルパカファイナンスのカバーを提供し(他の19のプロトコルも同様に報酬を得ることができます)、1ヶ月間以上に渡ってETHで35kドルの報酬を受け取ることができます。

どのような場合に補償されるか?

一般的に、Nexusのカバーは、資金の損失(トークンの損失)を補償しますが、価値の損失(トークンの価格下落)は補償しません。このカバーは、アルパカファイナンスのすべてのセクションで展開されている資金を対象としていますので、あなたがレンディングを行っていても、ファーミングを行っていても、Gragingを行っていても、ステーキングを行っていても補償されます。
補償されるリスク:
  • スマートコントラクトのリスク
  • コードが意図しない形で使用された時
  • 経済設計の失敗
  • 重度のオラクル障害
  • ガバナンスへの攻撃
  • レイヤ2ソリューション上の資産の保護
  • イーサリアム以外のスマートコントラクトの保護
  • 複数のチェーンにまたがるプロトコルの保護
補償されないリスク:
  • 不良債権
  • 清算
  • その他の債務不履行
  • ラグプルなど非分散によるリスク
  • 連携しているプロトコルで局所的に発生する損失(例:ALPACA PancakeSwapプールに参加している場合はPancakeの損失)
補償内容の詳細については、このドキュメントをご覧ください。

カバーの購入方法を教えてください。

まず、0.002ETH(約5.54ドル)という少額の会費を支払ってNexusの会員になる必要があります。https://app.nexusmutual.io/home
メンバーになると、メタマスクアカウント(イーサリアム)で、アプリケーションインターフェース内でカバーを購入することができます。
カバーの購入には、3つの簡単なステップがあります。
  • カバーの購入ページでアルパカファイナンスの「Get quote」をクリックする
  • カバー金額、通貨(ETHまたはDAI)、カバー期間を指定する
  • 見積もりを作成し、メタマスクを使って取引を実行する
これでカバーに入れました。
カバーの支払いにはETH、DAI、NXMのいずれかを使用できます。ETHまたはDAIで支払う場合、システムはバックグラウンドで資金をNXMに変換し、そのNXMをカバーの購入に使用します。
繰り返しになりますが、 Mutualは現在イーサリアムでのみ運営されています。このプロトコルを使用する前に、まず自分のウォレットをイーサリアムメインネットに切り替える必要があります。購入したカバーは、BSCだけでなくアルパカファイナンスが将来的に運営する他のすべてのチェーンにも適用されます。

どうやってカバーの請求をするのですか?

資金を失った場合、当時カバーに加入しており、損失の状況がNexus Mutualの補償ポリシーに該当すると思われる場合、請求を提出することができ、Nexus Mutualの請求評価プロセスを経ることになります。
NXMに出資し、請求の査定者として活動するメンバーは、請求の検討、議論、投票に参加することができます。請求の査定者として活動するメンバーは、正直に行動することが求められており、不正な投票を抑止することができます。請求処理の過程でメンバーが不正な投票を行ったと判断された場合、諮問委員会は罰として、悪質な査定者のステーキングしたNXMを焼却(burn)する権限を持ちます。
カバーの請求をするには、app.nexusmutual.io/homeにアクセスします。また、請求方法については、こちらをご覧ください。
アルパカファイナンスでは、BSCで最もクリーンな実績と最も徹底した多層のセキュリティプロセスを持っていることを誇りに思っていますが、改善のための努力を怠りません。今回のパートナーシップにより、私たちのプロトコルに新たなセキュリティ層が加わり、アルパカの群れにさらなる安心感をもたらし、アルパカがリスクを管理して安心して飼育できるようになることを願っています。
(この記事は掲載日時点での情報であり、補償内容は変更される場合があります。アルパカはこの補償を管理・運営しておらず、その責任を負いません。補償内容の詳細については、必ずNexus Mutual社に直接ご確認いただきますようお願いいたします。)

💰InsurAce カバー

※現在のところ日本在住者は対象外です
InsurAce.io は、融資、ファーミング、Grazing Range、ステーキングなど、アルパカファイナンスのあらゆる場所で展開される資金の補償を購入するオプションをユーザーに提供します。
InsurAce.ioの特徴は、様々な投資商品や戦略を統合して補償コストを相殺することで、低い保険料を実現している点にあります。また、InsurAce.ioでは、1つの低コストプランを購入することで、複数のプロトコル複数のチェーンをカバーすることができ、ポートフォリオ全体をカバーするプロセスが非常に便利です。しかし、最も重要なことは、InsurAceの補償はBSCで直接購入できることです
今回の提携により、アルパカは、Nexus MutualとInsurAce.ioの両方でカバーされる5つのBSCプロトコルのうちの1つとなり、ユーザーに安心感を与え、最も安全なDeFiプロトコルの1つとしての地位を確立するために、さらに一歩前進することになります。

☔どのような場面で補償されるのか?

InsurAceで購入したカバーは、通常、資金の損失(トークンの損失)を補償しますが、価値の損失(トークンの価格の下落)は保証しません。前述のように、補償の対象となるのは、Alpaca Financeのすべてのセクションに投入された資金です。
InsurAceのスマートコントラクトカバー
InsurAce.ioは、スマートコントラクトのリスクをカバーします。ここで、指定されたスマートコントラクトとは、カバーで指定された、パブリックブロックチェーンネットワーク上で実行されている単一のスマートコントラクトまたはスマートコントラクトのグループを意味し、オラクル、マイナー、およびシステムと相互作用する個人またはグループなど、そのシステムへの外部入力を除きます。
スマートコントラクトカバーは、以下の場合、保険金を支払いません。
  • 紛失した資産がNFTである場合
  • フィッシング、秘密鍵のセキュリティ侵害、マルウェア等による損失
  • 資産の評価低下による損失(評価低下が攻撃に関連するか否かを問いません。
  • 対象期間中に発生したハッキングであって、対象期間以前に発生または判明していたもの
  • 指定スマートコントラクトが意図されたとおりに動作し続ける一方で、他の外部の相互運用可能なスマートコントラクトまたはインタラクティブなスマートコントラクトが意図しない方法でハッキングまたは操作された事象
  • 指定スマートコントラクトが意図された通りに動作し続けている間に、外部入力(オラクル、ガバナンスシステム、インセンティブ構造、マイナーの行動やネットワークの混雑など)が操作された事象
  • 被保険者が虚偽の情報を提供したり、請求査定を隠したり、嘘をついたり、ごまかそうとした場合
なお、PancakeSwapやWaultSwapなどの基本的なDEXに関する問題は、InsurAceのカバーには含まれません。そのため、これらの問題もカバーしたい場合は、カバーを購入する際にプロトコルの一つとして含めることを検討してください。
対象となるものと対象外となるものに関するInsurAce社の詳しい説明はこちらをご覧ください。

❓どうやってカバーを買うことができますか?

カバーの購入はシンプルで迅速です。ユーザーは、メタマスクをBSCに設定したAlpaca Financeのカバーを購入することができますが、実際には、EthereumとMatic(Polygon)メインネットに設定されています。これらのネットワークに設定した場合、カバレッジはそれぞれBNB、ETH、MATICで支払われます。
ステップ1:InsurAce.ioにアクセスして、保険をかけたいプロトコルを選択する
  • InsurAce.ioアプリを起動します(https://app.insurace.io
  • Insuranceタブに移動し、「Buy Covers」をクリックします。
  • 保険に加入したい他のプロトコルに加えて、Alpaca Financeを選択します。
ステップ2:カバー金額とカバー期間を指定し、取引を確定する
  • 右下の緑色のフォルダーアイコンをクリックします。
  • 希望するCover Amount*とCover Periodを入力します。
  • Referral Codeを入力します(オプション)。紹介コードを入力すると、支払った保険料の5%に相当する$INSURリワード(ここで請求)がもらえます。お持ちでない方は、弊社のコードをご利用ください。117812559893613627489677677639357097345960442556
  • 価格に問題がなければ、Terms and Conditionsにチェックを入れ、"Confirm "をクリックしてください。
これであなたは保険に加入したことになります。
このリンクをクリックすると、InsurAce.ioのウェブサイトに移動し、上記のほとんどの手順が完了します。ここでは、カバーの購入に関するステップバイステップのガイドを提供します。
*カバー金額は、保険に加入したい金額です。したがって、不幸にして資金を失った場合に支払われる最大の金額です。

🏹 アルパカガード

アルパカの皆さん、金融市場は危険です。だからこそ、価格操作、フラッシュローン攻撃による清算、市場の失敗といった最悪の事態から皆さんを守るためにこれを導入しました。
他のファームでは不安になるかもしれませんが、アルパカファイナンスでは不安になることはありません。なぜなら、アルパカガードは単なる新機能ではなく、あなたの新しい保護者だからです。
アルパカのプラットフォームをご利用いただいているユーザーの中には、特定のペアでポジションを建てるなど、一部の機能が一時的にグレーアウトしていることに気づいた方もいらっしゃるかもしれません。これは市場の危険からユーザーを守るために、アルパカガードが保護モードになっているのです。
具体的には、あるファーミングペアの資産の価格について、その価格が取引所のオンチェーン価格と我々が検証したオフチェーンオラクルのバッチの中央値との差が10%以上になると、アルパカガードは保護モードに入ります。
保護モードとは、清算やポジションのオープン・クローズを一時的にできなくすることで、不正な価格での取引や不当な損失からユーザーを守るためのものです。
なお、セーフティバッファが少なくて清算されそうな時のために、アルパカガードが作動している間もポジションに担保を追加することができますが、資金を借りることはできませんのでご注意ください。また、トークン価格が不正である可能性があるため、トークンの交換を少なくするため50:50の割合で担保を追加することをおすすめします。
これもアルパカガードが守ってくれている状況なんですね。実際、2021年5月20日の市場暴落の際には、アルパカガードが多くのユーザーの資金を守りました。
市場全体がフラッシュローン攻撃によりクラッシュしたとき、アルパカガードが発動して多くのユーザーのポジションを清算から保護し、価格が再調整されてアルパカガードが保護モードを解除した後も、安全にファーミングを続けることができました。
この混乱の時に、多くのユーザーがポジションを失ったり、不正な価格で取引することを防ぐことができたのです。
もう安全だと感じていますか? きっとそう感じていることでしょう。😄
アルパカガードの保護モードは、オラクル遅延の役割を果たし、起動後一貫して価格フィードを検証し(検証の頻度は市場全体のボラティリティに応じて変化します)、大規模な注文による価格操作(フラッシュローンやマージンオーダーなど)を防ぎます。
この遅延は、オンチェーン価格が正しい価格から大きく外れた場合に、トークンの価格を他の取引所と合わせたり、ステーブルコインや他のペッグされたトークンの場合はペッグに合わせたりと、arbボットが調整するための時間を与えます。
要するに、アルパカガードはあなたを見守っているのです。保護モードが発動しても、長く続くことはないので心配する必要はありません。
必然的にarbボットがすぐに価格の乖離を解消して、アルパカガードは保護を解除するので、もし必要ならあなたは自分のポジションを調整することができます。

ヴィーナス事件 vs アルパカガード

21年5月18日、ヴィーナスでは2億ドル以上の清算金と1億ドルの不良債権を生み出す大事件が発生しました。事件の内容については様々な説があり、詳細は省きますが、こちらこちらをご覧ください。
いずれにしても、XVSのマーケットダンプを引き起こした最終的な原因は、一連の連鎖的な清算であったということがわかっています。チェーンリンクと統合しただけでは、彼らを守ることはできませんでした。興味深いのは、もしヴィーナスがアルパカガードを持っていたら、この事件が起こらないようにブロックしていたと考えられることです
価格が最初に下落したときにアルパカガードがシステムを停止し、この一連の清算は始まらなかったでしょう。もっと言えば、XVS価格の上昇により何人かのユーザー(攻撃者だったのではないかという人もいます)が過剰に借り入れができるようになってしまった、最初の価格の吊り上げも止められたかもしれません。
2021年5月19日に起こったPancakeBunnyに対する2億ドルの攻撃はどうでしょうか? フラッシュローン攻撃です。
現状では、アルパカガードを通過できなかったと考えられます。アルパカファイナンスではそもそもフラッシュローンができないですし、価格が急激に動いた時点でアルパカガードが攻撃を凍結させていたでしょう。
彼(アルパカガード)が2つのプラットフォームにいなかったのは、非常に残念なことです。しかし、それは彼が現在のジョブに専念しているからであり、だから1つの場所−−アルパカファイナンスが安全であることしか保証できないのです
ラッキーなことに私たちはこのような危険を心配する必要はありません。なぜなら、アルパカガードは我々のファームに住むアルパカでもあり、ラマには絶対に危害を加えさせないからです! 😄
どういうことかというと、私たちのチームはアルパカガードにさらに多くのメカニズムを追加して、彼の最高の防御力をより強力なものにしようと考えているのです。
そのひとつが、ファーミングプールの借入限度額です。プールごとに流動性に応じて借入限度額を設定することで、大量のポジションを持って価格を操作しようとする人をさらに阻むことができます。
将来的にこれを追加すると、アルパカガードはどうなるのでしょうか? アーノルド・シュワルツェネッガー+ブルース・リー+オプティマス・プライムを想像してみてください...。
いやぁ、安心できますね
---------------------------------------------------------------------------------------------------
以上、外部の脅威から資産を守るアルパカのボディガードをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
もしアルパカガードが保護モードになっていたとしても、市場が再調整されるまでは外部要因から資産を守ることができますので、ご安心ください。
アルパカガードの仕事は、若いアルパカたちを見守り、保護することなのです。
Copy link
On this page
アルパカは安全ですか?
アルパカ保険プラン
Nexus Mutual カバー
InsurAce カバー
アルパカガード
🔒 アルパカは安全ですか?
Alpacaはフラッシュローン攻撃のリスクがありますか?
🔒アルパカ保険プラン
保険プランと保険ファンド
アルパカ保険プランの補償内容
💰 Nexus Mutual カバー
このパートナーシップから利益を得る方法
シールドマイニング
どのような場合に補償されるか?
カバーの購入方法を教えてください。
どうやってカバーの請求をするのですか?
💰InsurAce カバー
☔どのような場面で補償されるのか?
❓どうやってカバーを買うことができますか?
🏹 アルパカガード
ヴィーナス事件 vs アルパカガード