日本語
仲間募集(ALPACAREERS)
ヘルプセンター
リスク

自動化ヴォールト(Automated Vault)のリスク

リバランス実行の遅れ

  • リスク:
    • リバランスの実行の遅れにより、資産価格が想定より大きく乖離し、ILや交換手数料が高くなる可能性があります。これは、ネットワークの混雑やインフラの問題による可能性があります。
  • 緩和策:
    • 我々は、ボットが想定通り稼働できるよう堅牢なインフラを構築しています。また、トラフィックが多いときでも取引が優先されるように、ガス代の動的な調整も行っています。このシステム設定は、1年以上にわたって本番環境でテストされ、10億ドル以上のユーザー資金を効率的に管理してきた当社の清算ボット運用と同じものです。

レンディング資産の不足

  • リスク:
    • レンディング資産の不足は2つの問題を引き起こす可能性があります。1つ目は、利用率が90%を超えると、借入金利の高騰により、資産が低金利またはマイナス金利で運用される傾向にあることです。2つ目は、リバランス取引の一部として借り入れるのに十分な供給がなくなる場合があることです。
  • 緩和策:
    • 当社の金利モデルは、利用が急増した場合にステークホルダーにレンディング利用率を下げるインセンティブを与えるように設計されており、1年以上のテスト期間中、利用率を迅速に下げることに効果を発揮しています。また、金利カーブを定期的に調整し、レンディングプールの利用率を最適な範囲に保っています。また、利用率を上げすぎないようにAVの容量制限を必ず行い、容量をサポートするために追加のレンディング供給がプラットフォームに入った場合のみ、容量を増やすようにしています。

市場/ネットワーク状況の急激な変化

  • リスク:
    • 市場やネットワークの状況が大幅に短期間で変化した場合、バックテ ストを無効にしたり、以前は存在しなかったコスト圧力を生じさせる可能性があります。(例:原資産の利回り低下、資産のボラティリティ上昇、資産の時価総額低下、ネットワークの不安定さ、LPプールの流動性低下等々) これらの条件は、理論的には自動化ヴォールトを実行不可能にする可能性があります。
  • 緩和策:
    • 我々は自動化ヴォールト(AV)が想定どおりに機能するよう積極的に監視し、可能であれば現在の市場環境に適応するよう調整を行います(例:リバランスの閾値の変更、金利カーブの調整など)。市場環境の変化により、AV戦略が我々の許容するリスク許容度内で運用できなくなったと判断した場合、当社はサービスの廃止を決定することがあります。(Fantom AVでそうしたように)

極めて不安定な市場(ブラックスワン・ボラティリティ)

  • リスク:
    • 極端に変動する市場環境では、ポジションのリバランスが頻繁に発生し、パフォーマンスが低下する可能性があります。(しかし、このような状況でも、この自動化ヴォールト戦略は、程度は低くても利益を上げている方向にあります)
  • 緩和策:
    • 資産の価格変動を常に監視し、その時の市場状況に適したリバランス基準に調整する。

スマートコントラクトのリスク

  • リスク:
    • アルパカのスマートコントラクトは、第三者機関による監査を受けていますが、理論的には脆弱性がある可能性があります。また、AMMなど連携しているサードパーティのサービスにも同様のリスクがあります。
  • 緩和策:
    • スマートコントラクトを複数の専門的な第三者機関に監査してもらうことで、脆弱性の可能性を減らすことができます。監査報告書はこちらからご覧いただけます。
    • また、私たちはバグ発見報奨金プログラムを作っており、潜在的な問題を排除するための追加のレイヤーとして、私たちのコードの脆弱性を探す人たちにインセンティブを与えています。詳しくはこちらをご覧ください。
    • 連携するプラットフォームは慎重に選別し、監査を受け、優れたセキュリティの実績を示したプラットフォームのみと連携しています。
私たちは可能な限りのリスクを排除するよう努力していますが、DeFiは誰も予測しなかった出来事(恐るべきブラックスワン)が起こりうる業界です。ですから、生活に必要な資産を投資したり、失ってはならない資産をリスクにさらすようなことはしないでください。私たちがコードを扱うのと同じように、あなたの資金にも気を配ってください。😊
Copy link
On this page
自動化ヴォールト(Automated Vault)のリスク
リバランス実行の遅れ
レンディング資産の不足
市場/ネットワーク状況の急激な変化
極めて不安定な市場(ブラックスワン・ボラティリティ)
スマートコントラクトのリスク