日本語
仲間募集(ALPACAREERS)
ヘルプセンター
Lesson 4 - 交換費用を抑えたレバレッジポジションのオープン/クローズ
これはプロの技ですが、実は複雑ではありません。これを行うために必要なのは、ある程度の資金です。それさえあれば、どんな規模のレバレッジ・イールドファーミングのポジションでも、取引手数料やプライスインパクトをほぼゼロにして、オープン/クローズすることができます。
前置きが長くなりましたが、レバレッジをかけたポジションのオープン/クローズ時のスワップのしくみについて説明します。すでに理解されている方は、次のセクションに読み進んでください。

なぜアルパカはレバレッジのかかったファーミングポジションでトークンを交換するのか?

2倍以上のレバレッジをかけてファーミングポジションをオープンする場合、ユーザーは担保として預け入れるトークンよりも多くのトークンを借りることになります。ファーミングを行うDEXでは、ペアのトークンの比率が50:50である必要があるため、アルパカはこの比率を達成するために、借りるトークンの一部をもう一方のトークンに交換する必要があります。
同様に、2倍以上のレバレッジでポジションをクローズする場合、アルパカは借りているトークンを返済するために、この逆を行う必要があります。つまり、プロトコルは流動性を解除し、借り入れたトークンを返済するため、トークンの一部を借りたトークンに交換します。以下はその例です。
  1. 1.
    ジョーはBUSD-USDTプールに担保として10k BUSDを預け、USDTを借りて4倍のレバレッジをかけたイールドファーミングのポジションをオープンします。
  2. 2.
    プロトコルは彼に30k USDTを貸し付けます。現在、アルパカは10k BUSD+30k USDTを保有していますが、これらを50:50の割合にする必要があります。そこでアルパカは10k USDT を BUSDに交換し、ポジションの価値を20k BUSD+20k USDTにします。
  3. 3.
    ジョーはファーミングを始め、利回りを得ます。
  4. 4.
    将来のある時点で、ジョーはポジションをクローズすることにします。ジョーはアルパカに30k USDTの借金をしています(借入利子もありますが、簡単にするためにここでは割愛します)。しかし、ジョーのポジションは20k USDT+20k BUSDしかありません。その結果、アルパカは10k BUSD を USDTに交換し、10k BUSD+30k USDTにしなければなりません。
  5. 5.
    アルパカは、30k USDT を返済し、ポジションを閉じます。ジョーは10k BUSD+利回りを受け取ります。
簡単でしょう? しかし、ジョーさんにとっては残念なことに、トークンの交換には、取引手数料やプライスインパクトといったコストがかかります。これらのコストは、資金が小さければわずかなものですが、大きなポジションの場合はかなり大きなものになります。
幸いなことに、私たちはポジションをオープンする時もクローズするときも、これらの交換にかかる手数料を回避する方法を誰にでも示すことができます。これを可能にするのが、最近追加された2つの機能です。
  • 部分的クローズ:ポジションから担保を外すことができるようになりました。その際、一部の負債を返すかどうかのオプションがあります。この機能は今追加されたばかりです。
  • ポジションの調整:ポジションに担保を追加することができるようになりました。その際、レバレッジを維持するためにさらに資金を借りることもできますし、借りないこともできます。これは数週間前に追加されました。
それでは、上記の機能を使って、手数料なしでポジションをオープンしたりクローズしたりする方法をご紹介しましょう。

交換にかかる手数料とプライスインパクトをほぼ0にするポジションのオープン

ジョーが先ほど行ったように、4倍のレバレッジを使い、USDTを借りて、10k BUSDをBUSD-USDTのファーミングポジションに入金したいとします。
簡単な方法は、10k BUSDを入金し、30k USDTを借りることです。このプロトコルでは、10K USDT -> BUSDを交換して、50:50の比率にします。しかし、先ほどジョーが行ったように、取引手数料とプライスインパクトが発生します
しかし、これらのコストを回避する方法は、実はとても簡単です。それは、部分的クローズ機能を利用することです。そのためには、資金が余分に必要になります。最初に必要な資金は、最終的にプロトコルから借りたい資金とまったく同じです。上記のケースでは、30k USDTを借りることになりますので、30k BUSDの手持ち資金が必要になります。
(1) 最初に30k USDTを借り、レバレッジ2倍でポジションをオープンします。そうすると、自己資金30k BUSD+借り入れ30k USDTのポジションになります。
レバレッジ2倍では、担保の100%を借りない方の資産(BUSD)で預け入れれば、プロトコルがもう一方の資産(USDT)を貸し出す際に、トークンがちょうど50:50の比率になるため、交換のための手数料は必要ありません
しかし、これは最初のステップに過ぎません。やはり、4倍のポジションを持ちたいですよね?
(2) 次に、ポジションがオープンしたら、「あなたのポジション」ダッシュボードの「ポジションをクローズする」ボタンをクリックします。
ここで、左上にある新しい「部分的にポジションをクローズする」機能を使います。また、「取引を最小化」を選択していることを確認してください。
(注意点としては、ポジションがオープンされた時点で、プロトコルはあなたが追加した担保と借りたトークンを区別しなくなったことです。これは次のステップに関係します)
(3) 次に、これ以上借りずに、ポジションの価値の33.33%(合計20k: 10k BUSD+10k USDT)をクローズし、20k BUSD+20k USDTのポジションが残るようにします。このチュートリアルを作成している間、USDTはBUSDよりもわずかに価値がありました。
(4) 今回は返済はしないので、返済が0%になっていることを確認します。
上の画像の右下に表示されているように、あなたのポジションは4倍に近くなりますが、このチュートリアルを作成する際の丸め方や資産価格の動きによって、若干の変動があります。
しかし、最も重要なことは、このようにして部分的にクローズし、このポジションを4倍にすることで、交換のための手数料を支払う必要がないということです。
担保を50:50の比率で取り除くので、残りのポジションも50:50の比率になります。交換の必要はありません。その結果、あなたのポジションは、自己資金10k BUSDに対して30k USDTを借り入れ、プロトコルが10k USDT->BUSDを交換した場合と全く同じになります。ロング/ショートのエクスポージャーも全く同じになります。交換なしなので、取引手数料もプライスインパクトも支払うことなくこのポジションができました。
とても素晴らしいでしょう? さて、何を待っているのでしょうか? 右下の「ポジションをクローズする(Close Position)」ボタンを押してみましょう。
これで、交換にかかる手数料なしで4倍のポジションをオープンすることができました。
しかし、あなたが何を考えているかは分かっています。
でも、30k USDTを返済するときに、スワップフィーを支払わなければならないのでは?
答えはノーです!そんなことはありません。上記と逆のことをすれば大丈夫です。

スワップ手数料と価格への影響を0にしてポジションを閉じる方法

前のポジションから続けて、あなたは4x BUSD-USDTのポジションで、担保として10k BUSDを預けました。あなたのポジションは20k BUSD + 20k USDTで構成されていますが、あなたはプロトコルに30k USDTを借りています。
すでにレバレッジが最大になっているため、担保を引き出すために部分的クローズを使用することはできません。そのため、通常はここでポジション全体をクローズします。しかし、そうすると、プロトコルは借り入れの返済に必要な3万ドルを手に入れるために、10k BUSD -> USDTの交換をしなければなりません。
どうすればいいのでしょうか?
答えは、交換手数料が0のポジションをオープンしたときと同じプロセスを逆にたどることです。今回の唯一の違いは、部分的クローズを使う代わりに、「担保を追加する」という機能を使うことです。
(1) 以下の手順で行います。「あなたのポジション」ダッシュボードで、「ポジションの調整」をクリックします。
ここでは、ポジションのレバレッジを4倍から2倍に戻すことになります。そのための簡単な方法は、担保を追加することです。現時点では、10k BUSDの担保(自己資金)を持ち、30k USDTを借りて、合計40kのポジション価値になっています。したがって、30kの自己資金と30kの借り入れ、合計60kのポジション価値になるまで、自己資金を追加します。(これは、前のセクションで最初にポジションを開いたときと同じであることに注意してください😉)
50:50の比率を維持するために、両方の資産に同額の担保を追加して、プロトコルが交換をしなくていいようにします。前のセクションで、ポジションから引き出した10k BUSD + 10k USDTをまだ持っているなら、それは今とても役立ちます。
そこで、何も借りずに10k BUSD + 10k USDTの担保を追加すると、あなたのポジションは30k BUSD + 30k USDTとなり、2倍のポジションとなります。
(2) あとは「戻る」ボタンをクリックするだけです。その後、「ポジションをクローズする」で、「取引を最小化」を使って2倍のポジションをすべてクローズすれば、交換手数料は発生しません
おめでとうございます!レバレッジをかけたイールドファーミングのポジションを手数料なしでオープンし、クローズすることができました。これで美味しい利回りだけを得ることができます。
10,000BUSDの担保で、手数料なしで4倍のポジションをオープンまたはクローズしたいが、20,000円の予備のステーブルコインを持っていない場合は?
これにも解決策がありますし、ちょっとした回避策もあります。例えば、あなたが合計で10k BUSDしか持っていないとします。そのほとんどすべてを4倍のポジションで利用し、手数料を払わないためには、次のようにします。
  1. 1.
    先ほどのやり方に従って、3k BUSDの担保で手数料なしの4倍のポジションを作ります(合計$9k必要、$6kのポジションができます)
  2. 2.
    2kのBUSD担保で手数料なしの4倍のポジションを作ります(合計で$6k必要、$4kのポジションができます)
  3. 3.
    1.3kのBUSD担保で手数料なしの4倍のポジションを作ります(合計で3.9k必要、後に2.7k残る)。
  4. 4.
    …といった具合です。
最終的には、10,000ドルのほとんどを4倍のポジションで作ることになります。これらのポジションをクローズするには、部分的クローズでこの手順を逆に進め、すべてのポジションをクローズします。
上記のステップ1と2の間には、ステップ1を終えた時点で3k BUSDと3k USDTを持っていて、6k BUSDにするために交換が必要になるという問題があることにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、これはどのように機能するのでしょうか?
交換手数料を最小限に抑えたい場合は、いくつかの方法で対処できます。
まず、https://belt.fi/ のようなステーブルコイン取引所で安価に交換することができます。このようなステーブルコイン取引所は、PancakeSwapのようなDEXよりも取引手数料が安くなっています。
他のトークンについては、絶対に安いレートで取引したい場合は中央集権的な取引所で取引するか、1inchのような分散型のアグリゲーターを利用して、取引を複数の小さなものに分割して行うことができます。
もし取引を全くしたくないのであれば、ステップ2の取引額を小さくするという方法もあります。1k BUSDを担保にして、後続のポジションのサイズを前のポジションの1/3にすることができます。もちろん、この方法では最終的に未使用のUSDTが残ることになりますが、総資金の1/3ではなく約半分を利用することになります。このシナリオでは、余ったUSDTを使って、代わりにBUSDを借りてBUSD-USDTのポジションを建てることもできます。このように切り替えていくのは少し面倒ですが😅、資金に余裕がなく、どうしても交換手数料を払いたくない場合は、このような方法があります。
さて、ここまで手数料なしで、あらゆる規模のポジションをオープン/クローズする方法を紹介してきました。次のようにお考えの方もいらっしゃると思います。
これは素晴らしいですね。でも、なぜアルパカはこれを自動化してくれないのでしょうか?
なぜなら、これを行うには準備金が必要で、プロトコルはあなたの財布にある準備金にはアクセスできないからです。結局のところ、私たちは分散型でノンカストディアルです。そのため、私たちはあなたが自分でできる方法を教えることしかできません。しかし、ご覧のように複雑ではありません。手元に予備資金があればいいし、予備資金がなくても多少の手間をかければいい。そうすれば、どのような規模のポジションでも、入出庫コストなしで、高利回りのファーミングができます。
手数料なしでポジションをオープン/クローズできるだけでなく、50:50の比率で担保を追加・削除する方法を使えば、ポジションを希望のレバレッジレベルに再調整することができます。これは、例えば、擬似デルタニュートラル戦略を使用している場合などに有効です。
🐤上記リンクの日本語版はこちら⇒アルパカさんで擬似デルタニュートラル戦略
🐤また、図解でシンプルに説明したのがこちら⇒アルパカさんの新戦略、手数料を限りなく削減したポジションの作り方
それでは、このガイドと新機能をお楽しみください。また、このようなプロセスをさらに簡単にする方法を検討しています。ではまた、ハッピーファーミングをお楽しみください。
Copy link
On this page
なぜアルパカはレバレッジのかかったファーミングポジションでトークンを交換するのか?
交換にかかる手数料とプライスインパクトをほぼ0にするポジションのオープン
スワップ手数料と価格への影響を0にしてポジションを閉じる方法